「台湾はTPP参加を」「関西との交流もっと促進したい」頼清徳・台南市長語る


大阪を訪問中の台湾南部・台南市の頼清徳(らい・せいとく)市長は10日、産経新聞の取材に応じ、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について「台湾は参加すべきだ」と述べ、日本と台湾による個別の自由貿易協定(FTA)を締結すべきだとの考えを示した。台湾では次期総統選で頼氏の出馬を期待する声があり、その動向

サイト名: 産経ニュース

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する