エヌビディア、5~7月純利益2.2倍 仮想通貨向け好調

【シリコンバレー=兼松雄一郎】自動運転や人工知能(AI)関連サービス向けチップで業界標準を握る米画像処理半導体(GPU)大手エヌビディアの急成長が続いている。10日発表した5~7月期決算は、純利益が前年同期比2.2倍の5億8300万ドル(約636億円)、売上高が56%増の22億3千万ドルだった。任天

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する