中国が「AI超大国」になる動きは、もはや誰にも止められない


ディープラーニングに関する研究論文の発表数では、2013年に中国が米国を抜いて世界一となり、その差は広がりつつあるとされる。AI研究における米国の優位を維持するために、中国からの同分野への投資を制限する法案の提出が検討されているが、そうした策には論議も多い。

サイト名: WIRED.jp

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する