先週のグローバルアドテクシーン:Criteo、2017年第2四半期の好調な業績を発表


Publicis傘下のProdigious、Translate Plusを買収
Publicis傘下でクロスメディアプラットフォームを提供するProdigiousは、提供するコンテンツの世界各国でのローカライズ展開を見据えて翻訳プラットフォームのTranslate Plusを買収した。
Kepler、LiveRampのIdentityLinkと連携開始
米国のデジタルマーケティングベンチャーのKeplerは、独立系エージェンシーとしては最初にLiveRampが先月から提供を開始した人ベースのマーケティングプラットフォーム「IdentityLink」と提携した。
Tremor Video、バイサイドプラットフォームをTapticaに5,000万ドルで売却
Tremor Videoは、セルサイド側の動画広告プラットフォームに注力するためにバイサイドプラットフォームをTapticaに5,000万ドルで売却したことを発表した。
Taboola、Digital Elementと提携しIPアドレスターゲティングを強化
コンテンツディカバリープラットフォームのTaboolaは、IPアドレス判別技術大手のDigital Elementと提携しIPアドレスターゲティングを強化したことを発表した。
Criteo、2017年第2四半期の好調な業績を発表
Criteoは、2017年第2四半期の業績を発表した。売上高は前年比33%増、クライアント総数は1万6,000超えとなった。
また、次世代ヘッダー入札技術Criteo Direct Bidderは早くも世界450件以上のパブリッシャーに接続された。
IAB、AIと機械学習のマーケティング応用に関するワーキンググループを初めて設置
IABは、今後増加すると予想されるAIや機械学習の技術をマーケティングに応用することに関するワーキンググループを初めて設置し、100以上のメンバーを集めて議論し、明確な定義などを策定する。
The post 先週のグローバルアドテクシーン:Criteo、2017年第2四半期の好調な業績を発表 appeared first on Exchangewire Japan.

サイト名: Exchangewire Japan

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する