SONYがディープラーニングの統合開発環境『Neural Network Console』を無償公開!

人工知能(AI)を実現するディープラーニング(深層学習)の統合開発環境

Neural Network Consoleを公開

ソニーネットワークコミュニケーション株式会社 IoT事業部門 ソニー株式会社 R&Dプラットフォーム システム研究開発本部 AIコア技術開発部 シニアマシンラーニングリサーチャー 小林由幸さん

ソニーは、ディープラーニングのプログラムを生成できる統合開発環境「コンソールソフトウェア:Neural Network Console)の無償提供を8月17日から開始すると発表した。

▼プレスリリース「人工知能(AI)を実現するディープラーニング(深層学習)の統合開発環境Neural Network Consoleを公開」
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201708/17-073/index.html

本格的な、GUIを持つディープラーニング統合開発環境であるコンソールソフトウェアを用いることで、直感的なユーザインターフェースでニューラルネットワークの設計や学習、評価ができるとしている。

64bit版 Windows8.1およびWidows10に対応。専用サイト(https://dl.sony.com/)も立ち上げた。

開発した認識機などは前述のNeural Network Librariesを利用して商品搭載も可能。

主なターゲットとしては
・特に開発効率を重視する方
・はじめてディープラーニングに触れる方
を上げている。

既存のディープラーニングソフトウェアでは、利用にあたってコーディングが必要で、じっくりと研究・開発に取り組む開発者などがターゲットにあげられるのに対し、より簡単、かつある程度の技術を保証できるとしている。

GUIを用いて直感的な操作ができることで、今後のAI開発の敷居が下がることが予想される。

Neural Network Consoleの特長

高い開発効率

ディープラーニングの開発ノウハウを機能として凝縮。試行錯誤に集中できる洗練されUIを実装。

さまざまな機能がついた高機能コンソール

最新のニューラルネットワークや画像を含む、様々なデータ形式に幅広く対応している。
学習したニューラルネットワークはNeural Network Librariesを用いて実行も可能。

直感的な操作で簡単

インストールするだけで、GPUを用いた高速な学習が実現。
ビジュアルなネットワーク編集機能はディープラーニングの習得用途にも最適。

▼Neural Network Consoleについて詳しくはこちらから
https://dl.sony.com/

SONYのディープラーニングの取り組み

SONYは2000年以前より機械学習の研究開発を行っていたが、ディープラーニングの研究開発を始めたは2010年ごろから。

開発者向けのソフトウェアを開発しており、2017/6/27には第3世代コアライブラリ「Neural Network Libraries」をオープンソースとして公開した。

▼発表資料

Neural Network Libraries

SONYのオープンソースのディープラーニングライブラリ。
研究者や開発者向けの開発者向けライブラリで、GitHubにて公開されている。

設計・学習・推論(実行)ロジックをプログラミング言語で柔軟に記述できる。

あらゆる場面でコアライブラリとして利用可能で、
発表の合ったNeural Network Consoleをはじめ、研究開発者のプログラムや製品サービスを利用可能。

Neural Network Librariesの特長

▼発表資料

詳しい情報はこちら

▼Github (ソースコード公開・開発への参加)
https://github.com/sony/nnabla

▼ホームページ
https://nnabla.org/

▼開発者ブログ
https://blog.nnabla.org/

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する