在宅医療看護師の負担軽減へ 秋田大がアプリ開発


秋田大は、在宅医療に携わる看護師の負担軽減を図るタブレット端末用アプリと管理システムを開発した。2018年度の実用化を目指す。秋田県内は人口減と高齢化が急速に進む一方、地域医療体制や公共交通の縮小で在宅看護の需要が高まっており、看護師の労働環境改善とインターネットによる医療機関の連携強化を促す。 秋

サイト名: 河北新報コルネット

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する