監視カメラで「買う客」判別 ダイワ通信、AI活用で接客効率化


携帯電話や防犯カメラの販売を手掛けるダイワ通信(金沢市)は、来店中の消費者の購買意欲を監視カメラで分析するシステムの開発に乗り出す。カメラに人工知能(AI)を搭載し、顔認証技術やビッグデータを基に商品を買うかどうかを予測。店員が接客すべき対象を絞り、営業効率化を促す。人手不足が深刻な小売業界向けに2

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する