厚労省18年度概算要求 「働き方改革」に2800億円

厚生労働省は25日、総額31兆4298億円となる2018年度予算の概算要求を発表した。政府が進める「働き方改革」関連の事業に約2800億円を計上(特別会計を含む)。16年度から内閣府に子ども関係予算の一部を移管しており、要求額は実質、過去最大となった。

サイト名: SankeiBiz

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する