科学技術の行方=総合研究大学院大学長・長谷川眞理子

望む未来の姿、自問を 以前、本欄でも指摘したが、科学技術の行方がどうなるのか、私はいろいろな意味で危惧している。何が原因かといえば、現在の科学技術が、私たち人間自身を直接に変える能力を持つ段階まで来たのだが、私たちは私たち自身について、まだ十分に知ってはいない、ということなのだ。 自動車や電車や飛行

サイト名: 毎日新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する