「地方分散型」の政策選択を 京大と日立、AI活用し近未来提言

京都大学と日立製作所は5日、人工知能(AI)技術を活用し、2050年の日本に向けた政策提言をまとめた。都市集中型を選択した場合、投資の集中により財政は持ち直すが、出生率の低下や格差の拡大がさらに進行すると指摘。持続可能な社会の実現には、今から8~10年後までに地方分散型の政策を選択するのが望ましいと

AINOW
人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview
サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する