Apple「iPhone X」発表!予約開始は10月27日、発売は11月3日

 
Appleは現地時間9月12日に開催したイベントにおいて、iPhone発売10週年記念モデルとなる「iPhone X(テン)」を発表しました。
名称は予想通りiPhone X(テン)に!
名称は直前にiOS11のGM版で情報が流出したとおり、iPhone Xでした。「X」が10という意味であったのも、事前の情報どおりです。
 
iPhone Xはフロント全面を覆う5.8インチ、2,436×1,125解像度のSuper Retinaディスプレイ(OLEDディスプレイ)を搭載。HDR、HDR 10、Dolby Vision形式に対応します。前面と背面はガラス製、フレームは医療に使われているものと同じグレードのステンレススチール製で、耐水性能と防塵性能も備えています。
 
そして予想されていたとおり、ホームボタンは完全に消失し、顔認証システム「Face ID」が新たに搭載されました。
見るだけで顔認証、スワイプでホーム画面
 
iPhone Xでは、スクリーンを見ることによって顔認証が行なわれ、ロック解除されます。次いで下からスワイプアップするとホーム画面が現れるという仕組みです。マルチタスキングも下からスワイプ、途中で指をとめると複数アプリが表示されます。
 
ホームボタン消失により、Siriの呼び出しは、右上のスリープボタンを押すことで行えるようになりました。もちろん「ヘイSiri」の呼びかけにも対応します。
 
Face IDはTouch IDよりも安全
フロントの中央上部のせり出した部分には、赤外線カメラ、Flood illuminator、近接センサー、環境光センサー、スピーカー、マイク、フロントカメラ、ドットプロジェクターが収められています。これがTrueDepthカメラです
 
30,000以上の目に見えないドットを投射し、顔の精緻な深度マップを作ります。このマップは精度が高く、眼鏡や帽子を着用したり、髭を伸ばしたりしても、正しく識別するとのことです。さらに機械学習により、時間とともに身体的な変化にも適応していくとしています。なお他のスマートフォンで問題になったような、写真でのFace ID突破はできないとしています。
 
搭載するA11 Bionicチップ(6コア、2つの高性能コアと4つの効率コア構成)がニューラルエンジンを内蔵して

サイト名: iPhone Mania

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する