関西電力:火力発電所でAI活用 環境負荷を軽減

関西電力は13日、人工知能(AI)を活用して、火力発電所の効率的な運転を可能にするサービスを開発すると発表した。燃料などの削減につながり、環境負荷を軽減できるという。来年度に舞鶴発電所(京都府舞鶴市)で実証実験を行い、完成したシステムは自社で使うほか、国内外の電力会社に販売する予定。 三菱日立パワー

サイト名: 毎日新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する