日本の携帯電話メーカー、瀕死に陥った「本当の理由」


ベストセラーとなった富士通の「FOMAらくらくホン」(「Wikipedia」より) かつて、世界ナンバー1を誇っていた日本のエレクトロニクス産業が、衰退に歯止めがかからなくなっている。 世界トップクラスの総合エレクトロニクスメーカーの富士通が、携帯電話事業を売却する方針を固めたことが大きい。9月中に

サイト名: ビジネスジャーナル

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する