期待以上に賢くて楽しい! LINEのスマートスピーカー「WAVE」を使ってみた!


「スマートスピーカー」ってご存知ですか? AI(人工知能)機能を備えた、声で操作ができるスピーカーです。iPhoneの「Siri」やAndroidの「Googleアシスタント」のように使うことができ、「明日の天気は?」と聞いて、居住地の天気予報を調べたり、「音楽を聴きたい」と話すと音楽が再生されたり……というものです。
スマートスピーカーは、AI技術の進化とともにこれから普及が期待されているデジタル製品です。欧米ではすでに、Amazonが開発した「Amazon Echo」や、Googleが開発した「Google Home」が発売されています。また、アップルは年内に一部の国で「HomePod」というスマートスピーカーを発売する予定です。
そして今年の夏、日本でもスマートスピーカーが発売されました。LINEが開発した「WAVE」というスマートスピーカーです。
▲ユーザーの声を聞いたり、回答したりするときは、下部のライトが点灯する
「WAVE」は、LINEと韓国のNAVERが共同開発した「Clova」というクラウドAIのプラットフォームに対応する製品の第1弾です。クラウドAIとは、文字通りクラウド(ネットワーク上のコンピュータ)に設置された人工知能のこと。つまりWAVEを利用するにはインターネットへの接続が必要になります。
WAVEは今秋発売予定ですが、7月14日から先行体験版の予約が始まり、8月23日から順次発送されました。先行体験版(1万円/税別)は、まもなく発売されるであろう正式版(1万5000円/税別)より安いということもあり、筆者も注文。いち早く使ってみました。
自宅ではなくオフィスに置いているのですが、なかなかいいですよ。すごく役に立つというわけでじゃないのですが、いい意味で存在が気にならず、ときどき気分を和ませてくれます。
 
■スマホのアプリからコントロール
WAVEの初期設定は、とても簡単。LINEを利用しているスマホに「LINE Clova」アプリをインストールし、LINEアカウントでログイン。WAVEの電源を入れて、アプリの画面表示に従い設定を行うだけ。スマホとWAVEはBluetoothで接続し、さらにWAVEはWi-Fiに接続する必要があります。接続が完了すると、WAVEから「ネットワークに接続しました」という音声が流れます。

サイト名: &GP

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する