人間のすべての感情をナンバリングした大学生。その数「2,185パターン」。


人間が抱く全ての感情を数えたら、いくつになると思う?文字に起こせば、嬉しい・悲しい・疲れたなど一言で終わってしまうけれど、簡単に言葉にできない感情の方が、きっと多い。嬉しいのなかに、<切ない>が混じっていることもあるし、悲しいのなかに<怖い>が混じっていることもある。全ての感情を、言葉に当てはめるのは難しい。従来の心理学では、人間の感情は<喜び・嫌悪・驚き・悲しみ・怒り・恐れ>の6つが基本とされていました。全ての感情が、この6つのどこかしらから生まれている、という考えだ。ところが今月、それをひっくり返す論文が発表された。感情を研究しつづけた男性が、「2,185」の数字を出す。2017年9月にその論文を公表したのは、カルフォルニア大学のAlan S.Cowenさん。神経科学の分野で、機械学習を学んでいる大学院生だ。彼は男女800人以上を対象にした調査で、感情の分布を示してみせた。その内容はこう。数千もの映像をチーム分けして見てもらい、それぞれどんな感情(情動)を抱いたかを報告してもらうというもの。その結果、人間の基本的な感情は27種類で構成されているということがわかった。感嘆 敬愛 憧れ 楽しい 不安 畏れ退屈 気まずい 同情 冷静 混乱 渇望うっとり 嫌悪 共感 狂喜 羨望 興奮恐れ 悲しい 恐怖 ワクワク 懐かしい喜び 優越 満足 ムラムラ(性的興奮)この中のいくつかを組み合わせることで、全ての感情が生まれてくるんだそう。その総数は、じつに「2,185」だとか。【Emotion Map】これが、人間の感情の全て大掛かりな実験をしてこの数を導き出しただけでももすごいこと。だけど、何にいちばん感心させられるかって言えば、この「Emotion Map」だ。画像はレプリカで、タッチしても何も起きないのだけれど、彼は2,185の感情をアルファベットで色分け。さらにそこから該当する感情がどんなものか、クリックすると「イメージ映像」がポップアップ表示される感情マップをつくってしまったのだ。とにかくこの凄さ、実際に体験してみるのがはやい。ぜひどうぞ!すべての感情を覗いてみる ページ左上ページ最上さて、触ってみた人はわかると思うけれど、該当する感情が、どんな“配合”になっているのか、数字とグラフでも表れるようになっている。一体どれだけの手間と時間をかけて、こんな

AINOW
人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview
サイト名: TABI LABO

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する