観光客のSNS、AIで分析 和歌山県がIT大手と連携

和歌山県は人工知能(AI)を使った県内観光客の交流サイト(SNS)分析の研究に2018年春から取り組む。大手IT(情報技術)企業と連携し、フェイスブックやツイッターのコメントから県内観光についてのデータを効率よく収集する技術を確立する。得られたデータは新たな観光ルートの提案などに役立てる。 県は18

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する