シャープがAIとIoTを組み合わせた「AIoT」プラットフォームの外販強化

シャープ株式会社はウォーターヘブン「ヘルシオ」やモバイル型ロボット「ロボホン」などCOCORO+サービス対応家電で培ったAIoT技術を「AIoTプラットフォーム」として集約、外販強化を開始した。これに伴い、需要の拡大が予想されるインバウンド向けに英語と中国語に対応する音声技術を加え、より一層販売強化していく。

サイト名: eコマースコンバージョンラボ

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する