パナ、一般道での自動運転技術を34年にも実用化 自動停止機能のほか縦列駐車技術も


パナソニックは10日、一般道での自動運転技術について、平成34年にも実用化する方針を明らかにした。テレビやビデオカメラなどAV機器で培った画像処理や検知技術を応用した人工知能(AI)の開発を進める。今年度内にも関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)で他の8社と共同で公道での実証実験を実施。自社で

サイト名: 産経ニュース

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する