ソフトバンクがWatson活用の2製品を販売、LINE会話による文書作成とQAシステム導入キット | IT Leaders


ソフトバンクは2017年10月11日、IBM Watson日本語版を活用して企業の業務を支援する2つの製品を同日付けで販売開始すると発表した。1つは、ビズオーシャンが開発した、チャットボットと会話するだけでビジネス文書が作成できる「SPALO(スパロ)」である。もう1つは、システムリサーチが開発した、チャットボット構築サービス「AI導入エントリーパック」である。

サイト名: 情報システムリーダーのためのIT情報専門サイト IT Leaders

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する