ファナック、AIで加工精度向上

産業用ロボット大手のファナックは、同社のワイヤカット放電加工機の加工精度を人工知能(AI)を使って高めた熱変異補正機能を、プリファード・ネットワークス(PFN、東京都千代田区)と共同で開発した。ファナックにとっては、2015年のPFNとの協業後初めてのAI機能搭載商品となる。

サイト名: SankeiBiz

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する