ニューロスペース 吉野家店長の睡眠改善を支援


睡眠解析システムのニューロスペース(東京・千代田、小林孝徳社長)は年内に、吉野家の店長50人の睡眠改善のため人工知能(AI)を使う実験を始める。店長は就寝中の心拍や呼吸を計り、スマートフォン(スマホ)で質問に回答し、自分に合った助言を返してもらう。シフト勤務は場合によって健康に影響を与えかねず、テク

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する