【編集長の視点】ブレインパッドは量子コンピューター関連人気再燃を連続最高純利益更新がフォローして3連騰

ブレインパッド<3655>(東1)は、前週末20日に3円高の1207円と3日続伸して引け、1200円台出没の中段固めに煮詰まり感を強めた。同社株は、政府が成長戦略として掲げる「第4次産業革命」の重点課題に掲げているビッグデータ、AI(人工知能)関連の最先端分野で豊富な実績と強みを誇っていることから、AIをより高機能化、スピードアップさせる量子コンピューター関連株人気が続いているが、業績も、今2018年6月期の売り上げが連続2ケタ増、純利益も、連続の過去最高更新と予想されてい..

AINOW
人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview
サイト名: 日本インタビュ新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する