「人間失格」の味ってどんな? AIと珈琲のプロが名作文学の読後感を「味わい」で再現


日本電気とコーヒー豆専門店のやなか珈琲は、AIとカップテスターのコラボレーションにより、名作文学の読後感をコーヒーの味わいで再現したブレンドコーヒー「飲める文庫」を開発。950円/100g(税込)にて、10月27日から11月30日までの期間限定で発売する。

サイト名: Phile-web

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する