NASAが開発支援の人型ロボット、4千キロの「自律歩行」目指す


Tony Craddock / Shutterstock.com自動運転車の実用化が間近に迫る中、カリフォルニア工科大学は既に次世代の自動運転技術の開発に取り組んでいる。同校が検討中の新技術の中には、数千マイルを自律歩行できる人型ロボットや救命ドローン、群れをなして飛行する宇宙船などが含まれる。同校

AINOW
人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview
サイト名: Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する