グーグル、育てAI運転手 「謎の城」で特別訓練

米グーグルは30日、自動運転車の試験場としてカリフォルニア州に作った「架空の町」を初めて公開した。不測の事態を想定した2万通り以上の走行シナリオを車に学ばせているという。公道用を含め600台の試験車を擁し、コンピューター上でも2万5千台の「仮想の車」を走らせデータを収集。運転を担うAI(人工知能)の

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する