「姿なきロボット」がメガバンク行員数万人の仕事を奪う – テクノロジーとリアルの交差点


人間は人工知能(AI)に仕事を奪われてしまうのではないか——。その問いは、テクノロジーの進化が引き起こした論争におけるメインテーマの一つだ。ただ、AIの影に隠れて目立たないが、実はすでに現実のオフィスで、人間に取って代わる存在が台頭しつつある。それは、ロボット。それも、姿なきソフトウェアロボットだ。

サイト名: ダイヤモンド・オンライン

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する