ヤフー、適切な候補選ぶAI 広告表示で活用

ヤフーは数十万単位の選択肢から適切なものを高速で選び出す人工知能(AI)技術を開発した。多くの広告や記事の中から利用者に合わせたコンテンツを選ぶ際などに活用する。従来の技術に比べ、精度が約3割高まるという。 ヤフーの日本人技術者が「アネックスエムエル」と呼ぶ技術を開発した。同社が特許を取得したうえで

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する