「デジタル錠剤」米が初承認 服薬モニター 大塚製薬と米社開発

米食品医薬品局(FDA)は14日までに、患者が処方通りに薬を服用したかどうかをモニターできる「デジタル錠剤」を初めて承認した。大塚製薬と米企業が共同開発した。技術とヘルスケアの融合で画期的な決定だが、プライバシーに関する懸念も浮上している。

サイト名: SankeiBiz

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する