東京エレデバイス AIが自動で故障予知プログラム

東京エレクトロンデバイスは28日、工場などの生産設備の異常を振動データから自動で判別する人工知能(AI)システムを開発したと発表した。社内にデータ分析の専門家がいない中小・中堅企業でも、AIが故障予知プログラムを自動生成するので簡単に導入できる。 開発した異常判別システム「CX―M」は生産設備が正常

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する