GROOVEX 計80億円を調達し新世代家庭用ロボット「LOVOT」開発を発表


2017年12月4日 GROOVE X株式会社にて記者会見が行われ、新世代家庭用ロボット「LOVOT」の開発が発表された。また、同時に第三者割当増資を行い、累計で約80億円の調達額に達したとも発表した。

記者会見に臨むGROOVE X株式会社 代表取締役 林要氏

LOVE x ROBOT= LOVOT

GROOVE Xは、人の代わりに仕事をするロボットではなく、人に寄り添い、癒しを提供することで人のパフォーマンスや生活の質を向上させる新世代家庭用ロボットを開発している。

今までのロボットは人々の仕事を代行する機能的な存在であったのに対し、GROOVE Xでは一緒にいるとあたたかい気持ちになる心に寄り添う存在を開発しているとし、LOVEとROBOTを融合して「LOVOTTM (ラボット)」というコンセプトネームに命名した。

GROOVE Xは高齢化·核家族化·共働き化が加速的に進み、独居による弊害などを社会課題として掲げ、「LOVOTと一緒に過ごすことで心が満たされ、安心し、最終的には人の能力を高めることにも役立つ」と林氏は述べた。

「LOVOT」の製品発表は2018年末、一般発売は2019年を計画しており、これらの資金は今後の製品発表や発売に向けた開発費用およびマーケティング費用に活用する予定だという。

製品化に先立ち「IMAGINE YOUR LOVOTキャンペーン」を実施

IMAGINE YOUR LOVOTキャンペーンの概要

IMAGINE YOUR LOVOTTMキャンペーン(イマジンユアラボナキャンペーン)』を12月4日(月)より
開始する。

「LOVOT」のいる生活を想像し、「LOVOT」を身近に感じていただきたいという思いがあるという。

『IMAGINE YOUR LOVOTTMキャンペーン』の仕組み

  • 1.想像して描いた「LOVOT」をスマートフォンで撮影する
  • 2.キャンペーンサイトにアップロード
  • 3.その場でGIFアニメーションが生成される

アニメーションのストーリーは6種類が用意され、完成したGIF画像はSNSでシェアすることも可能。

「このキャンペーンを通じて、より多くの方に「LOVOT」という存在を身近に感じていただき、2018年末の製品発表を楽しみにしていただければと思います」(林氏)

第三者割当増資を実施 -累計で約80億円の調達額に-

「LOVOT」の開発に伴い、GROOVE Xは11月29日(水)に未来創生ファンドとINCJを筆頭引受先とする最大64億5千万円の第三者割当増資に関する投資契約を締結した。

第三者割当増資の実行については、12月18日(月)に、未来創生ファンドとINCJが各14億円を出資し、その他の引受先と合計で総額43億5千万円、その後INCJは21億円を上限とする追加出資を実行予定で、GXの資金調達額はこれまでの資金調達を含め、累計で最大78億7千万円となる見込み。

おざけん
ディレクター。可能性を秘めたAIが正しく社会に実装されるようにメディアとしてサポートします。技術だけでなく、どのようなユーザ体験を生み出せばAIが生活に溶け込んでいけるのか。シンギュラリティにむけ、産業や国を超えた活発な議論を促進していきます。趣味はカメラ撮影。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する