Raspbian Jessie+ROS Kinetic+samba4.2.14+Python3.4.7+Tensorflow1.3.0+Keras2.1.2+OpenCV3.3.1+Jupyter Notebook+Single Shot Multibox Detector(SSD)環境の構築

◆ はじめにRaspberry Pi 3 model B+ へ、タイトル記載のROS+ディープラーニング環境を構築する。OSを導入するところからのクリーンな状態での作業を前提とし、クリーンな初期状態から着手すれば、ほぼコピー&ペーストだけでつまづくことなく完了するはず。ごちゃごちゃするのは好きではな

サイト名: Qiita

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する