[WIP] 確率モナドを使ったMCMCサンプラーをScalaで実装してみる (改)

以前、同じような内容の記事を書いたのですが、もう一度書き直したいと思います。たぶんググったら同じような記事出てきますが、まぁ自分で書いた記事なので。。ちなみに、まだ途中です。はじめに関数型言語において参照透過性が保たれるためには、ある値を代入された関数はいかなる場合でも同じ値を返さなければなりません

AINOW
人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview
サイト名: Qiita

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する