中国、AIチップで「世界トップ」目指す戦略明らかに 動き始めた巨大プロジェクトとは


中国政府が人工知能(AI)用の半導体に巨額の資金を投じ始めた。しかも、AIに欠かせないGPUの大手であるNIVIDIA(エヌヴィディア)を名指しにしながら、数年で米国に追いつき、2030年までに世界のリーダーになるという野望を明らかにしたのだ。動き始めた壮大なプロジェクトの思惑と、その舞台裏について

サイト名: 産経ニュース

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する