グーグル、中国でR&D再開 自動運転にらみAI拠点

【北京=多部田俊輔】米グーグルが8年ぶりに中国で研究開発(R&D)を再開する。北京に人工知能(AI)を対象とした拠点を開く。中国当局はネット言論の統制を強める一方、自動運転などAIの用途開発を後押しする。緊張感を伴いながらも、巨大な中国市場に関与したいグーグル側と、高い技術力を獲得したい中国側の思惑

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する