国民栄誉賞 変化激しい時代の指針に

将棋で「永世七冠」を成し遂げた羽生善治棋聖(47)と、10月に自身2度目の七大タイトル独占を果たした囲碁の井山裕太七冠(28)に、国民栄誉賞が贈られる見通しとなった。棋士では初めての栄誉で、2人の偉業に敬意を表したい。 羽生棋聖は初タイトルの獲得から28年で永世七冠に到達した。タイトル獲得数は99期

サイト名: 産経ニュース

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する