特集:戌も笑う投資テーマ2018 2017年12月19日号


 
成長の四天王と
家電ドミノと新元号
 
国内外では今、人工知能(AI)やロボットなど先端技術の開発が進み、コミュニケーションや輸送、エネルギーといった幅広い分野で社会や生活を劇的に変える新たな「産業革命」が進行中だ。
 
2017年は、株式市場も日経平均株価が10月に過去最長の16連騰を達成し、1992年1月以来、約26年ぶりの水準を回復。好調な景気や業績を支えに、これら先端技術の関連銘柄をはじめとする企業の株式が買われた。
 
 
こうした中、来年も株式市場で話題となりそうなテーマは多い。AIとビッグデータ、IoT(モノのインターネット)、EV(電気自動車)と自動運転、ロボットは、「成長の四天王」と言われる。今後も新しい技術やアイデアが出るたびに関連企業の株価に大きく影響するだろう。
 
 
 
最後に勝ち残る企業をピンポイントで選ぶのは難しい。勝ち組候補の複数の企業への分散投資をおすすめしたい。
 
EVに関しては電池業界だけでなく資源関連企業にも影響する。EVに積むリチウムイオン電池にはニッケル、チタン、コバルトなどの金属資源が欠かせないからだ。完成車メーカーがどのタイプの電池を採用するか、その動向が注目される。
 
自動運転を活用した社会実験も着々と進んでいる。たとえば東名高速道路で夜間の一定時間帯に限って一番左の走行車線を自動運転トラック専用レーンにする計画があるそうだ。ドライバー不足を気にする必要がないことや事故が起きないだけでなく、人間と違って休憩が不要なうえ、余計な渋滞を引き起こさないので燃費の改善も期待できよう。
 
栃木県や沖縄県など自動運転の小型バスで実験を進めている自治体もある。運転手の人件費をかけずに、通院や買い物などの住民サービスを充実できるとして大いに期待されている。まさに“待ったなし”だ。
 
◇2万6000円が視野に
 
来年の株価予想には「日経平均3万円」という強気の見通しもあるが、少なくとも2万6000円は視野に入ってくるだろう。
 
株価はEPS(1株当たり利益)とPER(株価収益率:市場心理の代理変数)の掛け算で決まる。EPSについては来期の予想増益率(市場予想)の8%を前提とすれば1685円となる。これにPERの標準的な水準である15倍を掛けると2万5300円程度となる。
 
米朝軍事衝突、米国景気

AINOW

人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview

サイト名: 週刊エコノミスト

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する