[機械学習] タイタニック問題:データの前処理にPipelineを使ってやってみた

はじめに環境・python 2.7 (jupyter notebook)この記事でやること。やらないこと・データの整形をPipelineを使う(<=これを試したかった)・Titanic問題の答えは生存するかしないかの、1,0の離散値です。この記事では正解を連続値としてあつかっているし、モデルの精度は

AINOW

人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview

サイト名: Qiita

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する