ホンダの次世代ロボ、異業種が自由に設計 発送は1億台の「カブ」


【ラスベガス=工藤正晃】ホンダが次世代ロボットの開発・普及に向け、異業種と幅広く手を組む「オープンイノベーション」を鮮明にする。人工知能(AI)や容量を変えやすい新型電池を搭載し、自走するベビーカーから移動カフェ、農業機械などに自由に設計できる。幅広い異業種がソフトやハードを変更できるプラットフォー

AINOW

人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する