【新春直球緩球】ANAホールディングス片野坂真哉社長「中距離版のLCCを実現」


--今年は新たな中期経営計画も発表する 「2020年東京五輪・パラリンピック後を見据え、全日本空輸(ANA)と格安航空会社(LCC)の事業比率の最適化が柱の一つ。中距離版のLCCを実現したい。2つ目は事業の選択と集中で、3つ目は人工知能(AI)などを生かし、コールセンターの応答を迅速にしたり、空港で

サイト名: 産経ニュース

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する