「ネイティブ」育め 10代が共生描く


眼の病気に悩む祖父を助けたい。米バージニア州の高校に通う16歳、カヴァヤ・コッパラプーの頭に浮かんだアイデアは、人工知能(AI)を使うことだった。 自らスマートフォン(スマホ)のアプリを開発し、専用レンズは3Dプリンターで作った。撮影した眼球の画像を3万4000人分のデータと照らし合わせ、機械学習で

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する