グーグルの画像認識システムは、まだ「ゴリラ問題」を解決できていない──見えてきた「機械学習の課題」


グーグルの「Google フォト」が黒人をゴリラとタグ付けした問題から2年以上が経ったいま、同社の画像認識システムはどこまで進化したのか。『WIRED』US版が5万枚以上の写真を使って調査したところ、一部の霊長類には写真検索が機能しないという実態が明らかになると同時に、機械学習の課題が浮き彫りになった。

サイト名: WIRED.jp

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する