サイバーバズ、東大との産学連携を開始 AIがSNS投稿に適したタグを提案する技術を研究開発


サイバーエージェントの連結子会社のサイバー・バズは、東京大学 大学院情報理工学系研究科 電子情報学専攻の山崎俊彦准教授らが開発した、SNS投稿での人気度(閲覧数や「いいね!」の数)を向上させるハッシュタグを人工知能(AI)が推薦する技術において、1月31日より産学連携を開始した。今回、産学連携を開始

サイト名: MarkeZine

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する