3D写真の機能をアプリに組み込める「Fyuse SDK」

Fyuse SDKを使うと、3D写真(=Fyuse)を撮る/見る機能をアプリに組み込むことができます。
本記事では、3D写真「Fyuse」とは何か、その使いどころ、アプリへ組み込む際の実装方法について解説します。1
ちなみに私はiOSエンジニアなのでiOSの実装を紹介しますが、Fyuse SDKはiOS, Android, Webをサポートしています。
Fyuseとは
3D写真フォーマット「Fyuse」は、静止画とも動画ともポリゴンベースの3Dモデルとも違うものです。App Storeにある同名のアプリでどんな感じかお試しいただくことができます。
Fyuse – 3D Photos on the App Store
例えば私はこんな場面でFyuseを撮ってます。2
https://fyu.se/v/3scadzhud9
普通の写真だと、片面だけとか、前からだけになりますが、Fyuseでは立体物をマルチアングルで記録できます。
Fyuseアプリのタイムラインを見ていて、
人(ファッション・コスプレ)

像、彫刻、フィギュア、プラモデル
あたりはFyuseフォーマットが非常にマッチするなぁと思います。これらは静止画では一面しか記録できず、動画では時系列の記録になってしまうので、私はFyuseを普通に記録フォーマットとして日常使いしてます。(もちろん静止画も動画も使います。適材適所です)
SDK導入事例
モノをいろんな角度から見れる、というところからEC系とは非常に相性が良く、車業界、ファッション業界、大手総合ECサイト等ですでにご愛顧いただいてます。
公開OKを確認できた国内事例ですと、”d fashion”さんの360°アングルでのコーディネート紹介ページがあります。
d fashion
また中古車販売のガリバーさんにご利用いただいております。
業界初!新しいクルマ選びの提案。画像販売『ドルフィネット』と空間写真『Fyuse』がコラボ |(株)ガリバーインターナショナル
「Dolphinet(ドルフィネット)」×「Fyuse」開始
車向けには「Car Mode」という専用の撮影モードがあり、車をあらゆる角度からオンデバイスで認識し、非常にきれいに車のFyuseを取れるようになっています。
またFyuse同士をタグで関連付ける機能もあるので、たとえ

AINOW
人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級の人工知能専門メディアです。2016年7月に創設されました。取材のご依頼もどうぞ。https://form.run/@ainow-interview
サイト名: Qiita

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する