タクシー不足の地点、AIが割り出す 15日から実施へ

客がいるのにタクシーが足りない地点を人工知能(AI)が見つける運行システムを、NTTドコモが開発した。携帯電話がつながる基地局のデータをもとに人が集まっている場所を割り出し、そのエリアでの過去の乗車実績を分析して、需要があるタクシー台数を予測する仕組みだ。東京無線協同組合(東京都新宿区)とつばめタク

サイト名: 朝日新聞デジタル - 経済・マネー

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する