自律走行車の「膨大な消費電力」は、どこまで削減できるか──激化する「省エネチップ」の開発競争


あちこちで試験走行が始まり、量産化も視野に入り始めた自律走行車。消費者向けに売り出そうとする際にネックになるのが、センサーの稼働や演算処理に必要になる膨大な量の電力だ。走行可能距離を維持するために、消費電力の少ない「省エネチップ」の開発競争が本格化し始めた。

サイト名: WIRED.jp

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する