AIが解析、混雑状況を3段階で表示 NTT東など、成田空港飲食店で実験


NTT東日本とベンチャー企業のバカン(東京都)は、成田空港内の飲食店などの空席状況をデジタルサイネージ(電子看板)やスマートフォンで確認できるようにする実験を19日から始める。店内に設置したカメラが撮影した画像を人工知能(AI)が解析し、混雑具合を3段階で表示。広大な空港内で旅行客らが滞在場所を効率

サイト名: SankeiBiz - 企業

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する