人工知能の研究者には「病的な疑り深さ」が求められている──英米の有識者26人による提言の真意


人工知能(AI)技術のマイナス面に焦点を当てた報告書が公開された。英米から26人の有識者が参加したこの報告書には、AIを利用した高度な詐欺や殺人の可能性といった悪用例の長いリストが掲載されている。その対抗策として挙がったのは、AI研究における「偏執的なまでの疑り深さ」と「秘密主義」だった。いったいどういう意味なのか。

サイト名: WIRED.jp

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する