AIの学習高速化へ 東大、光回路の制御素子

東京大学の竹中充准教授らは、人工知能(AI)の学習を速める光回路素子を開発した。シリコン基板上で光信号の流れを自在に制御し、従来の100万分の1となる電力で1000倍以上の速さで動く。3年後をめどに試作を目指す。開発したのはシリコン基板上で光の経路を制御する「光スイッチ」と呼ぶ素子。脳の神経回路のよ

サイト名: 日本経済新聞

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する