東日本大震災7年、進む取り組み 大学の研究・技術で復興を


東日本大震災の被災地では、地元大学を中心に、研究者の知識や技術を農林水産業の再生や東京電力福島第1原発事故の影響解明など、復興支援に役立てようと組織を挙げた取り組みが進んでいる。防災教育の充実など人材育成にも積極的。人口流出による地方衰退への危機感と「地域を支える」という使命感が活動の原動力だ。

サイト名: SankeiBiz - 国内

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する