アイシン精機、米VCなどとファンド 自動運転や次世代技術開発

トヨタ系自動車部品大手のアイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュ(愛知県安城市)は、米ベンチャーキャピタル(VC)大手のフェノックス・ベンチャーキャピタルと共同でベンチャーファンドを組成した。ファンドの規模は5000万ドル(約53億円)で、アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュが50%ずつ出資し、フェ

サイト名: SankeiBiz

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する